SAKIZO GROUP 京都から世界へ

SAKIZO ちりめん洋服・小物/作務衣・作法衣

さきぞう創業者ご挨拶

米国ダラスのニーマンマーカス百貨店へのコレクション出品作品の素材に提案された縮緬布が真っ白に輝く光沢の畝に魅せられ、その後、パリコレクションの出品素材にも採用され再度感激を覚え、1972年縮緬布のみを使用した洋服メーカーSAKIZOちりめん洋服を創業しました。

1971年末に心斎橋PARCOが開業、西武百貨店関西担当であった山崎光雄常務に出会い、VAN(ヴァンジャケット/石津健介)からヘッドハンテイングされた倉家栄造担当を付けて戴き、PARCOに出店できました。

西武百貨店専門店事業部の実験店舗、原宿ピアザビル地下の1㎡の売り場にて大成功を収めたSAKIZOちりめん洋服はPARCO全店、西武百貨店の主要店舗に出店させて戴きました。

それからFCやOEM、シンガポール、西独からパリ・ロンドン・NY・LA等へ輸出、和装業界にもLOEMと販路を広げましたが、私の還暦を以て創業時の屋内手工業に逆戻り大縮小させました。

和装業界に販路を広げるに名古屋タキヒョ―社の生産協力に感謝するとともに、自家縫製工場などが不要になり、それ等の不動産を売却、不動産買換え投資、不動産賃貸業が始まりました。

2014年創業者の三本の矢の一人が他界した折、代表者を辞任、後継者にバトンタッチさせて戴きました。

2016.5.9更新
田村佐起三

さきぞうグループ新代表
田村元起

 さきぞう社をはじめ、サキゾートラスト社、さきぞう不動産社、サキゾーネットワーク社、井筒ホテル社等を統合するさきぞうグループを2015年9月に、創業者3名より禅譲いただき継承致しました。
 知識及び体験、そして最も重要な知恵が未熟な私が、京都市内と滋賀県を合わせ40にも及ぶ不動産・資産と、1972年創業から満43周年の法人の歴史。
 享保8年(1723年)より継承いたしております井筒屋の菩提をも、父から継承するに、身にかかる重圧に耐えながら、重責を全う致したく私たち兄妹4名に、みなさまのご支持、ご指導ご鞭撻を是非ともよろしくお願い申し上げます。

さきぞうグループの未来

 私たちの創業者が残してくれた宝物「ちりめん洋服」は本社内での制作加工を継続させながら、ご希望のお客様のみに販売させていただきます。創業者が愛した中庄浜オーベルジュ計画は第三者へバトンタッチの上で、若い世代の彼らに希望を叶えて戴くようにお願いしました。
 現在の所有不動産はスクラップ・アンド・ビルドを重ねて、三条河原町、四条河原町、烏丸四条を基点に集約させてゆきます。
 「よく働き、よく遊ぶ」を創業者から引継、分相応にて継承してまいります。
 あせらず、ゆっくりと、しかし確りとした、歩みを絶えることなく続け、少しずつ発展させながら、決して無理せず、楽しみを忘れることなく邁進してゆきます。
 さきぞうグループ 代表田村元起

さきぞうちりめん