SAKIZO GROUP 京都から世界へ

SAKIZO ちりめん洋服・小物/作務衣・作法衣

撚糸の由来
History of chirimene

 「ちりめん」とは、伝承織物で、右に縒った糸と左に縒った糸を横糸として交互に織り上げたものを言います。
 また、右に縒る事をZ縒りと言い、左に縒る事をS縒りと言います。ZとSを交互に織ると「一越縮緬」、ZとSを2本づつ交互に織ると「二越縮緬」と言います。糸を縒る(捻る)事で糸に反発力が起こり、それが「畝」になり美しい凹凸の表面が織りあがります。
 縮緬布は、天正年間(安土・桃山時代・1573~92年)に中国「明」から泉州・堺の職工によって強撚糸の職法が伝えられ、京都西陣にて縮緬(布)として完成したそうです。
 その撚糸は、紀元前2~3000年頃ティグリス・ユーフラテスの中州、メソポタミア文明で撚糸技術が発祥し、西洋へはイタリアに伝承され、東洋へは中国を経由して日本に伝承されたと伝えられています。

さきぞうちりめん