SAKIZO GROUP 京都から世界へ

SAKIZO ちりめん洋服・小物/作務衣・作法衣

作務衣&作法衣
Samue & Sahoue

 昭和60年(1985)ごろ、
恩師・天納傳中梵音聲院勧学望擬講大僧正から「迎客出来る作務衣を!」
親友・松本明慶大仏師から「鑿(ノミ)を深く通さず、上品な作務衣を!」
と要望されSAKIZOはちりめん洋服の技を結集し研究対応しました。

 昭和62年(1987)4月
三千院北隣の勝林院本堂にて第一回聲明公演(Buddhist music concert)「天台聲明を聴く会」のみなさんに新作の「作法衣(当初は傳中衣)&作務衣」を着用戴き、聲明を初夜作法(練習発表)戴きました。

 平成27年(2016)5月
第30回「天台聲明を聴く会」記念公演開催予定です。

 現在は「作務衣は作業着」「作法衣は普段着」と仕分けされてみなさんが着用されています。
特に「作法衣Sahoue」は、SAKIZOの工夫が一杯入った独創的作品です。

さきぞうちりめん